FC2ブログ
ワクワクする方へ
 
どうやって生きていこう。ワクワクする方へ。自分を生かす方へ。
Don't think, feel.な診療をしたい。リラックスの仕組みを説明
するような仕事ではなく、感じてもらいたい。

 その点でいい線来ているなぁ---植物!花!草!木!そして水。
やわらかい医療を、つくっていくのだ。
自分の受けたい医療を、つくっていくのだ。
2012-06-01 16:53 | 医のこと | Comment(0) | Trackback(1)
柔らかさとやさしさ
  
「人が生まれる時は、柔らかくて弱々しい。死ぬ時は、人は
固く硬直している。物や植物が生きている時は、柔らかく
しなやかである。それらが死ぬと、固くもろくてかさかさだ。
このように、固く硬直しているものは死の仲間であり、
柔らかさとやさしさは命の友である。」
                   老子(樺山三郎訳)
                   
 古代中国の思想家、老子の言葉です。
ある夜ふと老子の言葉に触れて朝まで夢中で読みました。
老子は、自然体とやわらかさを説いた人のようで、2千年以上
前の言葉ながら現代にこそ大事な要素だなと感じました。

 生死の観察から、人間にとって大事なのは心や考えの柔らかさ
である!とする老子の直観力、すごいなと思います。
 
2012-04-01 21:00 | 心に響くことば | Comment(0) | Trackback(0)
病気の前と同じでは残念
  
「人のためにつくすということは、そのまま自分の成長を意味する。
ここ(医大病院)で、苦しみ、治療を受けて治った現在、病気に
なる前と同じ人間であっては残念なことです。死ぬほど苦しんだ
のだからひとまわり大きくなって、つぎの苦難に耐えるようにして
ほしいと思います。」
             大原健士郎 『うつ病の時代』

 うつ病の患者さんから、病気になる前と同じようになりたい、
回復したいと言われて大原先生がおっしゃったことだったと記憶
しています。

 苦難はこれで終わらず、次があるかもしれないけれど、病気は
単に負の経験ではなく、ひとまわり大きくなるきっかけもくれる、
宝物でもあるという見方には希望があるなと感じます。 
 
2012-01-01 20:11 | 心に響くことば | Comment(2) | Trackback(0)
希望を処方する
  
「さて、「私はこれからどうなるのでしょう」と患者さんに聞かれたら、
みなさんはどう答えますか。 なによりも大切なのは、「希望を処方する」
ということです。」
             中井久夫 『こんなとき私はどうしてきたか』

 この先生は、患者体験がないながら、患者以上に色々なことに気づき、
常夜灯や一番星のように、患者さんと精神科に携わる者を照らす。軽やか
であたたかな希望を失うことなく。

 患者さんに寄り添おうとしてきた医師たちがいて、その先人の先に私は
存在するのだ、小さく。光を見ていよう。たぶん弱い私はよく光を見失う
だろうけれど、その度に中井久夫先生に戻っていけばいい。


 
2011-11-21 22:39 | 心に響くことば | Comment(4) | Trackback(0)
ここにいて下さい
  
  「ここにいて下さい」
              近所の教会のお説教テーマ
  
 本当にシンプルな言葉ですが、地上に居場所を見つけられずに
いた私の心を揺らした言葉です。もしかしたら、これは(神様、
ここにいて下さい)という意味だったのかもしれませんが、
神様に(あなたにそこにいてほしい)と言われたような感じが
しました。14年前のことです。
 
2011-09-26 22:08 | 心に響くことば | Comment(0) | Trackback(0)
<Prev | Next>
08