FC2ブログ
愛あるところ
  

 哀しみは 身より離れず 人の世の 愛あるところ 添ひて潜める
                                    窪田空穂

 ふとした時に、いとこのお母さんが教えて下さった歌。読むたび、
涙のこぼれる思いがする。二酸化炭素を、酸素に変える植物のように、
味わう哀しみを他者へのぬくもりに変えてしまうひとが、時々いる。
窪田空穂という人も、きっと繊細な感性で多くを哀しんで、暗がりの
中の灯りのように、ぬくもりをたたえた人なのだと思う。

2011-01-16 21:17 | 心に響くことば | Comment(2) | Trackback(0)
Comment
 サンサンヨウさん、コメントを寄せて下さって
ありがとうございます。嬉しいです^^

 哀しみは、ぬくもりへと花開くつぼみ、美しい
ですね。サンサンヨウさんの中に咲く、静かで
温かな佇まいの花を見たような気がします。
つぼみは、誰かの哀しみに出会ったときに、そっと
開くのでしょうね。

 体調を気遣って下さってありがとうございます。
幸せにやっています。私もまた、サンサンヨウさんの
ブログに伺います。
lamblamp 2011-02-17 04:47:30) edit

心の底に響く、すてきな、歌ですね。
哀しみ 一見、マイナスな感情のようですが
それも、とても大事な気持ちで、
ぬくもりへと花開く、つぼみのように感じました。

ありがとうございます。

最近、体調はいかがですか。
近いうちに、また、訪れますね。
サンサンヨウ 2011-02-10 10:35:28) edit

コメントを書く




管理者にだけ表示
Trackback
Trackback URL:http://lamblamp.blog136.fc2.com/tb.php/13-fb9de11a
09